老猫のお預かりご予約をお受けしました

84歳のお婆ちゃんが悩んでおられる・・

知人のペットシッターさんから連絡をいただきました。

お婆ちゃんは思い詰めて

『私が死んだら一人ぼっちになるこの子が不憫でたまらない、

  どうか安楽死させてやってくれ』

と言われたそうです。

どれだけ辛い思いでその言葉を言われたのでしょう・・

すぐにお話を聞くことにしました。

f:id:shibachomama:20191121230435p:plain


素晴らしいペットシッターさんの対応

一人暮らしのお婆ちゃんが短期で入院されている間、ペットシッターさんが愛猫のお世話に行かれていました。

「なんとかこの子の命を繫げる方法はないか」

色々と調べられたそうです。

そして共通の知人を通して老犬(猫)介護施設というものがあることを知り、SmileHomeで預かりが可能か?と私に問い合わせてくださったのです。

ペットシッターの荒井さんFBページはこちらです。

www.facebook.com

 

お預かり予約という方法の提案

私自身、今まで「予約」という方法は考えていませんでした。

「飼えなくなった犬猫をお預かりします」

これだけでした。

でも

「自分がいなくなったらこの子はどうなるんだろう・・」

こんな不安を抱えておられるお年寄りがおられることに気が付きました。

誰でも出来れば一日でも長く愛猫と暮らしたいはずだ、と思いました。

そこで「予約」という方法を提案させていただきました。

お預かりする契約を先に交わし、

万が一何かあった時や、自身での飼育が困難になった時に老猫をお預かりさせていただきます。

f:id:shibachomama:20191121231151p:plain

 

老犬(猫)ホームは人助けの施設です

今回確信したのは「老犬(猫)ホームは間違いなく人助けの施設になる」事です。

 

 

もともとは犬や猫を助けたい!

捨てないでほしい!

その思いから立ち上げました。

でも飼い主様の心も助けることが出来る!

人様のお役に立つことができる!

こんなに嬉しいことは有りません(*^-^*)

 

ブログをご覧いただいた皆様、どうか同じように悩んでおられる方がいらっしゃいましたらご紹介お願いいたします。

今後とも老犬介護施設Smile Homeをよろしくお願いいたします。

www.smilehomefordog.com